新鮮な魚を見極めよう

お店で魚を買うのなら、鮮度がよい魚をゲットしたいものですよね。ここでは、新鮮な魚を見極める方法を紹介します。

キレイな魚は新鮮

新鮮な魚は見た目もキレイです。目が濁っていなく、身も輝くようにキレイに見える魚は鮮度がよい証拠です。水揚げしてから時間が経過すると、魚の粘膜などが濁ってきます。また、丁寧に扱われた魚は鱗などの剥がれも少ないはずです。

可能な場合はエラや身の張り具合もチェックしてみましょう。エラは時間が経つと黒っぽくなってきますが、新鮮なものは鮮やかな赤色やピンク色をしています。魚は死ぬと死後硬直で固くなりますが、腐敗が始まるとだんだん柔らかくなってきます。

最後に魚の匂いを嗅いでみましょう。新鮮な魚ほどアンモニア臭などの匂いが少ないです。